メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

正気と狂気=インターネットイニシアティブ会長・鈴木幸一

 あたり前な理屈を感情に訴える言葉で傍らに押しやってしまうことで、他の国には受け入れられない無謀な論理が力を持ってしまう。理性が感情にのみ込まれて人々を動かすことの「怖さ」や「愚かさ」については、前世紀に無数の事例があるはずだが、先進国とされる国でそんな状況が繰り返されているのを見るにつけ、民族や国家レベルで焼き付いてしまった怨念(おんねん)や、被害者といった感情について改めて考えこまされる。

 先日、ある女性社員から、韓国の友人に招待されてソウルを訪問すると聞かされた。韓国では激しい日本批判…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文721文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 汚染処理水発言撤回せよ 松井大阪市長に府漁連が抗議文

  5. 国民「自公政権入り」? 玉木氏とN国・立花氏の共演動画が波紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです