メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日航機墜落

34年 悲しみに寄り添う 再婚の遺族、経験と感謝の映画

新作映画のロケハンで映像を確認する工藤康浩さん、理佳子さん夫妻=神奈川県鎌倉市で2019年8月3日、菊池陽南子撮影

 1985年8月に群馬県上野村に日航ジャンボ機が墜落し520人が犠牲になった事故から12日で34年になる。この事故で妻を失った東京都足立区の1級建築士、工藤康浩さん(59)は、事故後に再婚した妻理佳子さん(57)と共に「グリーフ(悲嘆)ケア」をテーマに映画を製作している。「映画を通じて、世の中にグリーフとのつきあい方の一つを伝えられたら」と願いを込める。【菊池陽南子】

 グリーフケアとは、親や配偶者、子どもなど身近な人との死別で悲嘆に暮れる人に寄り添い支援する活動で、…

この記事は有料記事です。

残り856文字(全文1091文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ジオラマで表現したいのは『機動戦士ガンダム第08MS小隊』の“泥臭さ”、「ザクが最も輝くのは裏方の役回り」

  2. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. 出動現場で高級腕時計盗む 容疑の巡査部長逮捕 栃木県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです