メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文化財

消火設備、老朽化 2割が設置・改修30年以上

 文化庁は8日、パリの世界遺産ノートルダム大聖堂の大火災を受けた文化財防火態勢の緊急調査結果を発表した。世界遺産または国宝に指定されている建造物799棟の大半は消火栓や放水銃などの消火設備を設置済みだが、このうち146棟(18%)は設置や改修から30年以上が経過。30年未満の619棟(77%)でも、約半数から故障や不具合の報告が同庁に寄せられているという。

 文化庁は「老朽化により機能しない恐れもある」として、30年以上経過した設備を中心に、早期の交換や改…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文481文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  2. 男子中学生が転落死 インフルエンザで療養 広島 /広島

  3. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  4. 都立高部活 顧問教諭の動作で前歯2本折れ 元女子生徒が提訴

  5. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです