メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外日本が初優勝 プレミア12、前回覇者韓国に逆転勝利
検証

進む陸域温暖化、飢餓リスク増大 IPCC特別報告書「2050年、穀物価格最大23%上昇」

ブエノスアイレス郊外のトウモロコシ畑。主要穀物は温暖化で収量減の懸念が高まっている=2019年8月2日、ロイター

 温室効果ガス排出削減が十分に進まなければ気温上昇などによる食料生産への悪影響が拡大し、2050年に穀物価格が最大23%上昇する可能性があるとの特別報告書を国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が8日公表した。一方で農業などは温室効果ガスの主要排出源にもなっており、食料の安定供給とともに農地や森林の適切管理による排出削減が急がれる。【大場あい、鈴木理之】

 IPCCは地球温暖化対策を進めるため、既に公表された論文などに基づいて将来予測といった知見をまとめ…

この記事は有料記事です。

残り2144文字(全文2376文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 新潟女性殺害 複数箇所刺され失血死 「合唱部で活躍」同級生惜しむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです