メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セカンドステージ

柳生博さん、田舎で家族再生

八ケ岳倶楽部の雑木林を散策する柳生さん=山梨県北杜市で

 <くらしナビ ライフスタイル Second Stage>

 退職などを機に、田舎暮らしに憧れる都市の住人は少なくない。俳優の柳生博さん(82)は、40年あまり前に東京と八ケ岳南麓(なんろく)(山梨県北杜市)を行き来する「二元生活」をいち早く始め、家族と共に自然の恵みの中で人生を謳歌(おうか)している。2月に歌手の加藤登紀子さんとの共著「自然を生きる、自分を生きる」(河出書房新社)を出版した柳生さんに、二元生活の楽しみを聞いた。

この記事は有料記事です。

残り1426文字(全文1641文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 無人駅、東京でも1割 障害者に支障 国、指針策定へ 国交省調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです