メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
縁の下の誇り

「私が責任を取る」=渡辺守成

 

 5月下旬の夜。来日中の夏季五輪国際競技連盟連合(ASOIF)のリッチビッティ会長とワインを飲みながら歓談していると、海外から電話がかかってきた。国番号は44。英国の番号だ。

 名前も名乗らずに英語で「元気か」と会話を始めるものだから、思わず「誰だお前は」と返すと「私が誰だか分からないのか」と言われ、すっかり酔いがさめてしまった。国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長だった。「イエス、サー。ミスタープレジデント」。いつの間にか直立不動で答えていた。

 バッハ会長からは資格停止とした国際ボクシング協会(AIBA)に代わり、2020年東京五輪のボクシン…

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文885文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです