メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縁の下の誇り

「私が責任を取る」=渡辺守成

 

 5月下旬の夜。来日中の夏季五輪国際競技連盟連合(ASOIF)のリッチビッティ会長とワインを飲みながら歓談していると、海外から電話がかかってきた。国番号は44。英国の番号だ。

 名前も名乗らずに英語で「元気か」と会話を始めるものだから、思わず「誰だお前は」と返すと「私が誰だか分からないのか」と言われ、すっかり酔いがさめてしまった。国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長だった。「イエス、サー。ミスタープレジデント」。いつの間にか直立不動で答えていた。

 バッハ会長からは資格停止とした国際ボクシング協会(AIBA)に代わり、2020年東京五輪のボクシン…

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文885文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 「うれしくて体が震えた」優勝の徳勝龍に中学時代の校長 地元・奈良

  3. 副業に励む医学部教授ら 国公立の15人に製薬マネー1000万円超 18年度

  4. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  5. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです