メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
インタビュー・最前線

ジーエス・ユアサコーポレーション 村尾修社長 環境対応車普及追い風 車載用電池、市場急成長

インタビューに答えるジーエス・ユアサコーポレーションの村尾修社長=京都市南区で、小松雄介撮影

 <週刊金曜経済 Kin-yo Keizai>

 ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)などの普及が進む中、車載電池市場の拡大が期待されている。電池は環境対応車の性能を左右する中核部品。自動車各社は環境対応車の品ぞろえを拡充するため、電池メーカーとの提携を強化している。追い風を受ける大手電池メーカー、ジーエス・ユアサコーポレーションの村尾修社長(59)に今後の戦略を聞いた。【聞き手・鈴木健太、写真・小松雄介】

 --車載用電池市場の今後をどうみていますか。

この記事は有料記事です。

残り1478文字(全文1708文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

  4. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  5. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです