メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

吉本興業

契約自由度高く 「仕事獲得のみ依頼」選択可に

 芸人が反社会的勢力から金銭を受け取った「闇営業」問題に関連し、吉本興業ホールディングスは8日、東京都新宿区の東京本部で外部識者による「経営アドバイザリー委員会」(座長・川上和久国際医療福祉大教授)の初会合を開いた。吉本側から、芸人と原則契約書を交わし、米国などで取られている「エージェント契約」の形態も新たに導入することが報告された。また、今後は芸人に対して報酬の取り分を明示することも示された。

 「闇営業」問題をめぐっては、同社の口頭契約の慣例が、芸人にとって不透明、不安定だと問題視されていた…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです