メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 処理水タンク、22年夏に満杯 東電、増設可能な場所限られ

福島第1原発敷地内のに林立する貯蔵タンク=2018年7月17日、本社ヘリから藤井達也撮影

 東京電力福島第1原発の汚染水を処理してタンクにたまり続けている処理水について、東電は8日、このまま増え続ければ2022年夏ごろに満杯になると明らかにした。現在、960基余りのタンクで約115万トン保管しているが、今後は増設できる場所が限られ、約137万トン分までしかタンクのめどが立っていないという。

 政府は9日、処理水の処分方法を議論する有識者小委員会を約7カ月半ぶりに開催。東電は見通しなどを示し…

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文720文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. バルーンフェスタ概要発表 カラフル気球、123機参加 第40回記念大会 来月31日~11月4日 /佐賀

  4. しまなみ海道サイクル道で画びょうばらまき、自転車31台パンク 愛媛・今治

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです