メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

羽田空港

国交省、新ルート正式決定 都知事「積極的に協力」

 国土交通省は8日、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて羽田空港の国際線を増便するために東京都心上空を飛行する新ルート計画を来年3月29日から運用すると発表した。羽田の国際線の年間発着回数は約3万9000回増えて約9万9000回に拡大する。国交省は増枠分のうち約半数は米国路線に割り当てる方針で、残りの増枠分については各国の航空当局との交渉を急ぐ。

 この計画を巡っては、7日に開かれた協議会で関係自治体側が了承する意向を示していた。石井啓一国交相は…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文466文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 停電続く千葉・館山と南房総市に大雨で避難勧告

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  5. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです