メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ふくおか探索

芸術って楽しい 玉手箱展 大人も童心に戻って「ゆめの国」へどうぞ 県内の作家13人が70点 田川市美術館

床にネガティブ神、壁に守護神を配置した「あみだくじ占い」を鑑賞するそのだ正治さん

 開けてびっくりする玉手箱をテーマにした芸術作品をそろえた「ゆめの国たまて箱展」が25日まで、田川市美術館で開かれている。学術的で敷居の高い美術館のイメージを覆す企画で、筑豊地区を中心に県内の作家13人が約70点を寄せた。作品は全て撮影できるほか、触(さわ)れる体験型の作品もあり、大人も童心に戻って楽しめる趣向を凝らしている。【峰下喜之】

 三つの展示室と廊下を結んで回廊風に仕立てた会場に、大小のオブジェやインスタレーション(空間芸術)な…

この記事は有料記事です。

残り966文字(全文1186文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

  4. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  5. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです