メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

重度障害者が働くために れいわ議員が投げかけたものは 課題もあぶり出す

電動車いすに乗り、マウスでパソコンを操作する長谷川晴基さん=東京都足立区で2019年8月2日、塩田彩撮影

 5日に閉会した臨時国会。話題の中心は、れいわ新選組の新人参院議員2人だった。重度身体障害のある木村英子議員(54)と難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者、舩後(ふなご)靖彦議員(61)の登院は、国会の物理的なバリアフリー化を促しただけでなく、重度の障害を抱える人が働くための課題をあぶり出した。「障害があっても当たり前に働きたい」と願う重度障害者らは、国会での議論の行方を固唾(かたず)をのんで見つめている。【塩田彩/統合デジタル取材センター】

 「賛成の皆さんの起立を求めます」。1日の参院本会議。山東昭子議長が議場にそう呼びかけると、起立する…

この記事は有料記事です。

残り2799文字(全文3073文字)

塩田彩

大阪府出身。2009年入社。前橋支局、生活報道部を経て19年5月より統合デジタル取材センター。障害福祉分野を継続的に取材しています。好物は児童文学。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです