メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ペルシャ湾外への自衛隊派遣に含み 米有志連合めぐり菅氏

菅義偉官房長官

 中東ホルムズ海峡などの航行の安全確保に向けた米国主導の有志連合構想(海洋安全保障イニシアチブ)に関連し、菅義偉官房長官は9日の記者会見で、イランに接するペルシャ湾から離れた海域に限定して自衛隊を派遣する案について「原油の安定供給の確保、米国、イランとの関係を踏まえ、総合的に判断していきたい」と含みを持たせた。米国はイエメン沖のバブルマンデブ海峡なども構想の対象海域としている。政府は友好関係にあるイランに配慮しつつ、構想の全体像や他国の協力…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文557文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. 男子SPは羽生が貫禄の首位発進 フィギュアNHK杯

  5. 桜を見る会「私物化」前夜祭は「公職選挙法違反疑惑」など 野党4党が追及点五つを整理

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです