メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ペルシャ湾外への自衛隊派遣に含み 米有志連合めぐり菅氏

菅義偉官房長官

 中東ホルムズ海峡などの航行の安全確保に向けた米国主導の有志連合構想(海洋安全保障イニシアチブ)に関連し、菅義偉官房長官は9日の記者会見で、イランに接するペルシャ湾から離れた海域に限定して自衛隊を派遣する案について「原油の安定供給の確保、米国、イランとの関係を踏まえ、総合的に判断していきたい」と含みを持たせた。米国はイエメン沖のバブルマンデブ海峡なども構想の対象海域としている。政府は友好関係にあるイランに配慮しつつ、構想の全体像や他国の協力…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文557文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです