メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホルムズ海峡有志連合 イエメン沖など日本独自に自衛隊派遣の可能性も

記者会見で質問を受ける菅義偉官房長官=首相官邸で2019年8月9日午前11時20分、川田雅浩撮影

 中東ホルムズ海峡などの航行の安全確保に向けた米国主導の有志連合構想(海洋安全保障イニシアチブ)を巡り、政府はペルシャ湾から離れた海域に自衛隊を派遣する案などを幅広く検討している。同盟国である米国と伝統的な友好国のイランの双方にどこまで配慮できるかを模索しているが、有志連合の中で活動するには法的な制約も多く、いずれの案を選択しても困難な課題に直面することになりそうだ。

 「どのような対応が最も効果的で適切かを総合的に判断していく」。岩屋毅防衛相は8日の記者会見で、前日にエスパー米国防長官から有志連合構想への協力を要請されたことを明かし、慎重に検討する姿勢を見せた。

この記事は有料記事です。

残り1057文字(全文1341文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. NY株、史上最高値更新 米追加経済対策に期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです