メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法一時金 兵庫県も個別通知へ 4例目 

兵庫県庁=神戸市中央区で2019年3月2日、井上元宏撮影

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害を持つ人などに強いられた不妊手術について、兵庫県は9日、手術の記録が残っている県内の63人について、一時金(320万円)が受給できることを個別に通知すると発表した。県によると、個別通知は鳥取、山形、岐阜の3県に続き4例目とみられる。

 兵庫県によると、県内では330人が手術…

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文372文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 池袋暴走書類送検 遺族の松永さん「やっとスタートラインに」

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです