メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バレリーナの吉田都さんが引退公演 「ラストダンス」自身でプロデュース

最後の舞台を終え、拍手に応える吉田都さん(中央)ら=東京・初台の新国立劇場で2019年8月8日、長谷川清徳さん撮影

 英国で長年活躍し、「ロイヤルの至宝」と呼ばれたバレリーナの吉田都さん(53)が8日夜、東京・初台の新国立劇場で現役最後の舞台を踏んだ。

 自身のプロデュースによる引退公演は「ラストダンス」と銘打たれ、盟友イレク・ムハメドフさんをはじめ日英の花形が集結。吉田さんは得意としたアシュトン振り付け「シンデレラ」からの抜粋など4演目を踊り、初挑戦というアシュトン「誕生日の贈り物」では国内六つのバレエ団のプリマを従え、みずみずしい輝きを放った。

 カーテンコールでは鳴りやまない拍手の中、共演者からバラが1輪ずつ贈られた。吉田さんは時折涙をぬぐいながらも笑顔を崩さず、最後は大きく手を振って、35年にわたる現役生活に終止符を打った。この模様は10月7日午後8時、NHK・BS4Kで放送される。

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文570文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 政府方針一転 河野氏「UFOに遭遇したら」発言のワケ 宇宙作戦隊も発足

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 学術会議 任命拒否の6人が初めて共に訴えた菅首相への「胸の内」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです