メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バレリーナの吉田都さんが引退公演 「ラストダンス」自身でプロデュース

最後の舞台を終え、拍手に応える吉田都さん(中央)ら=東京・初台の新国立劇場で2019年8月8日、長谷川清徳さん撮影

 英国で長年活躍し、「ロイヤルの至宝」と呼ばれたバレリーナの吉田都さん(53)が8日夜、東京・初台の新国立劇場で現役最後の舞台を踏んだ。

 自身のプロデュースによる引退公演は「ラストダンス」と銘打たれ、盟友イレク・ムハメドフさんをはじめ日英の花形が集結。吉田さんは得意としたアシュトン振り付け「シンデレラ」からの抜粋など4演目を踊り、初挑戦というアシュトン「誕生日の贈り物」では国内六つのバレエ団のプリマを従え、みずみずしい輝きを放った。

 カーテンコールでは鳴りやまない拍手の中、共演者からバラが1輪ずつ贈られた。吉田さんは時折涙をぬぐい…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文570文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 京都市がホテル新規開業「お断り宣言」 オーバーツーリズム

  2. 東大大学院特任准教授が中国人差別ツイート 大学謝罪、企業は寄付停止表明も本人は反論

  3. 「いちごさん」親苗盗まれる 佐賀県の新ブランドイチゴ

  4. 大阪女児誘拐 容疑者は「せつじろう」 ハンドルネームでやりとり

  5. 野党のシュレッダー視察を内閣府拒否 「官房長の判断でだめと決まった」と押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです