メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「不正に泣き寝入りせず」公益通報巡り懲戒の京都市職員が勝訴

京都市による懲戒処分の取り消しを命じた判決を受け記者会見する男性(中央)=京都市中京区で2019年8月8日午後2時35分、国本ようこ撮影

 「絶対に自分が正しいことをしたと思ってやってきた」。京都市の児童養護施設で2014年8月に起きた性的虐待事件に絡む公益通報で、入所していた被害少女に関する記録を不正に持ち出したとして京都市に懲戒処分を受けた京都市職員の男性(48)が8日、処分の取り消しを求めた訴訟で勝訴した。「提訴から3年。こんなに長くかかるとは思わなかったが、今日の日を迎えられて感無量だ」と喜びを語った。【国本ようこ】

 京都地裁(藤田昌宏裁判長)の判決などによると、男性は京都市の児童相談所に勤務していた15年3月と1…

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文786文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです