メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水難事故が相次ぐ 震災で閉鎖、監視員いない宮城・荒浜海水浴場

東日本大震災以降、閉鎖されている荒浜海水浴場=宮城県亘理町荒浜で2019年8月5日、遠藤大志撮影

 2011年の東日本大震災以降閉鎖され、監視員がいない亘理町荒浜の荒浜海水浴場で水難事故が相次いでいる。8月に入り、暑さのピークを迎えた県内。お盆休みシーズンを前に、町は「監視員がいない状況での遊泳は危険なので控えてほしい」と注意を呼びかけている。

 震災前は県内有数の遠浅で人気があった同海水浴場。しかし、震災後は防潮堤整備など復旧事業のために閉鎖され、夏のシーズン中も監視員がいない状態が続いていた。

 昨年8月、ゴムボートに乗って遊んでいた男性が岸に戻れなくなり、県の防災ヘリに救助された。今月3日に…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文695文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  2. 「助けて…」用水路で流される80代女性救助 女子高生に感謝状 愛媛・新居浜

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  5. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです