メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

「課の負担減らすため」万引き容疑者を無断釈放容疑 愛知・稲沢署課長ら書類送検

愛知県警本部=名古屋市で、鮫島弘樹撮影

[PR]

 万引きの疑いで現行犯逮捕した容疑者を正規の手続きを取らずに釈放したとして、愛知県警は8日、稲沢署の刑事課長(58)を停職3カ月の懲戒処分とした。県警は同日、刑事課長と、指示に従った同課係長(43)を犯人隠避の疑いで書類送検し、刑事課長は同日付で依願退職した。

 県警監察官室によると、同署は6月4日、稲沢市内のホームセンターで園芸用品など3点(計約1300円相当)を万引きしたとして、70代の男を現行犯逮捕した。その後、容疑者の言い分を聞き取る書類を作成するなど定められた手続きを取らず、署長らにも無断で約1時間45分後に釈放した。

 事件発生直後、同市内では殺人事件の可能性が疑われた110番が2件相次いだ。刑事課長は「課の負担を減らしたかった。署員に迷惑を掛けて申し訳ない」と釈明したという。【井口慎太郎】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼炎上事故2人死亡

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. フィリピンで慰安婦像が「不明」に 台座だけ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです