山口・錦帯橋 高校生142人で強度試験

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
錦帯橋の強度試験に重し役で協力する岩国高の生徒たち=山口県岩国市で2019年8月8日、古賀亮至撮影
錦帯橋の強度試験に重し役で協力する岩国高の生徒たち=山口県岩国市で2019年8月8日、古賀亮至撮影

 国の名勝、錦帯橋(山口県岩国市)で8日、県立岩国高の1、2年生142人が、ボランティアで重し役になり、橋の強度試験に協力した。岩国市の委託を受けて早稲田大が1953年から5年ごとに橋の強度試験をしており、今年は5日に始まった。

 生徒たちは橋のたもとに集合し、5連橋の第2橋の上に移動。早大の創造理工学部の小野潔教授(51)らの指示で、…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文420文字)

あわせて読みたい

ニュース特集