特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

長崎原爆の落下中心地で「人間の鎖」 核廃絶求め、高校生平和大使ら150人が集会

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
原爆落下中心地碑を囲むように人間の鎖を作る高校生たち=長崎市の爆心地公園で2019年8月9日午前7時4分、徳野仁子撮影
原爆落下中心地碑を囲むように人間の鎖を作る高校生たち=長崎市の爆心地公園で2019年8月9日午前7時4分、徳野仁子撮影

 長崎市松山町の爆心地公園では9日早朝、国連に核兵器廃絶を求めて署名を届けている「高校生平和大使」など国内外の高校生ら約150人が集会を開いた。参加者は、原爆落下中心地碑を囲んで手をつなぐ「人間の鎖」で核兵器廃絶への思いを表した。

 参加者は、中心地碑に献花、黙とうして、原爆で犠牲になった人たちを悼んだ。集会…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文387文字)

【広島・長崎原爆】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集