全ての分野で核兵器廃絶の態度を 被爆者代表、首相に要請 「平和への誓い」全文

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「平和への誓い」を読み上げる山脇佳朗さん=長崎市の平和公園で2019年8月9日午前11時14分、徳野仁子撮影
「平和への誓い」を読み上げる山脇佳朗さん=長崎市の平和公園で2019年8月9日午前11時14分、徳野仁子撮影

 長崎は9日、米国による原爆の投下から74年となる「原爆の日」を迎えた。長崎市の平和公園であった平和祈念式典で、被爆者代表の山脇佳朗(よしろう)さん(85)が「平和への誓い」を読み上げた。

「平和への誓い」全文

 1945年8月、アメリカが広島・長崎に原爆を投下し二十数万人の命が奪われました。私は当時11歳、爆心地から約2キロの自宅で被爆しました。

 母と4人の弟・妹は佐賀へ疎開していて難を免れましたが、父は爆心地から500メートルの工場で爆死していました。私たちは兄弟3人で焼け残りの木片を集めて焼け落ちた工場のそばで父の遺体を荼毘(だび)に付しました。しかし焼けていく遺体を見るに耐えきれず燃え上がる炎を見ながらその場を離れました。

この記事は有料記事です。

残り1315文字(全文1632文字)

あわせて読みたい

注目の特集