メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「まぶた腫れた」まつ毛美容液で健康被害相次ぐ

国民生活センターの調査で、表示に問題があったまつ毛美容液。下段が「医薬部外品」と表示され、上段が化粧品で認められていない育毛効果をうたった製品=東京都港区で2019年8月8日午後1時11分、岡礼子撮影

 インターネット上などで売られている「まつ毛用美容液」で、「まぶたが腫れた」などという相談が相次いでいる。国民生活センターによると、健康被害を受けたという相談が昨年4月~今年3月に計281件寄せられ、前年度の70件から急増。スーパーで購入した北日本の50代女性は美容液が目に入って角膜潰瘍を発症し、手術したという。

 まつ毛美容液は、まつ毛の生え際に塗る化粧品。張りや艶などの効能をうたうことはできるが、育毛効果をう…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文517文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  5. 恵比寿でマンションのひさし落下、下敷きの男性作業員死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです