メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ペルセウス座流星群、13日未明から明け方に見ごろ

十勝岳の夜空に現れたペルセウス座流星群の流れ星=北海道美瑛町で2016年8月13日午前1時26分、手塚耕一郎撮影

 3大流星群の一つ、「ペルセウス座流星群」が12日夜から13日未明にかけて、見ごろを迎える。今年は15日が満月で観測条件は良くないものの、13日未明から明け方前の数時間は月明かりの影響が小さくなるため、好条件なら1時間当たり30個程度の流星を見られる可能性があるという。

 国立天文台によると、目立って多くの流星…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文387文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見 官邸職員が記者の腕つかむ 朝日新聞社が抗議

  2. ABCテレビ、報道番組「キャスト」スタッフが新型コロナ陽性 感染の女性アナと仕事

  3. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  4. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  5. ORICON NEWS 元アイドリング!!!の伊藤祐奈さん、巨人・北村拓己選手との結婚発表 第1子出産も報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです