メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2のプロジェクトメンバーが全国各地で講演へ 高校など開催地を募集

小惑星リュウグウへの2度の着陸を成功させた探査機「はやぶさ2」の想像図=池下章裕さん提供

 小惑星探査機「はやぶさ2」のプロジェクトメンバーが、全国各地で講演する「トークライブ」の開催地を募集している。開催時期は、はやぶさ2が小惑星リュウグウを出発し、地球へ帰還するまでの来年1~10月ごろを想定している。吉川真・はやぶさ2ミッションマネジャーは「メンバーが自らプロジェクトについて説明し、最先端の科学や技術を楽しんでもらいたい」と話している。

 募集している開催地は、科学館や博物館など公共の機関か高校。メンバーによる講演だけではなく、できるだ…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  3. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  4. 日本が初優勝 プレミア12、前回覇者韓国に逆転勝利 山田哲3ラン

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです