メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上皇后美智子さまが早期の乳がん、手術へ

東京ローンテニスクラブに到着された上皇后美智子さま=東京都港区の東京ローンテニスクラブで2019年5月5日、玉城達郎撮影

 宮内庁は9日、上皇后美智子さま(84)の左胸に比較的早期の乳がんが見つかったと発表した。8月下旬に長野県軽井沢町などで静養した後、9月以降に入院して手術を受けられる見通し。同庁は「早期で見つかったばかりなので転移の確率は高くない」との見解を示した。

 同庁によると、7月12日の定期健康診断で受けた乳腺エコー検査で、左乳腺に腫瘤(しゅりゅう)が見つかった。同15日の東京大学病院での乳腺MRI検査で悪性が疑われたため8月2日に宮内庁病院で針生検による組織検査を行ったところ、比較的早期の乳がんと診断された。

 美智子さまは10年ほど前から定期健康診断で乳腺を検査し、半年から1年前に受けた際は異常はなかった。…

この記事は有料記事です。

残り714文字(全文1017文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです