メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

借金の相続放棄 知ってから3カ月以内なら可能 最高裁初判断

最高裁判所=東京都千代田区隼町で2019年2月10日、本橋和夫撮影

 死亡した父が伯父の債務を引き継いでいたことを3年後に知った子が、その時点で伯父からの相続を放棄できるかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は9日、「債務の相続人になったと知ってから3カ月以内であれば放棄できる」との初判断を示した。裁判官4人全員一致の意見。

 民法は、相続の開始を知った時から3カ月の熟慮期間内に相続するか放棄するかを決めるよう定める。大都市圏への人口流入が進んで家族関係が希薄化する中、知らないうちに親族の債務を相続していたとの事例も増えているとみられ、最高裁が時代に沿った法解釈で同種事例の救済を図ったといえそうだ。

 原告の伯父は2012年6月、債務を抱えて死亡。父は伯父の債務を知らず、相続するかどうかを決めないま…

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文1015文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

  4. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  5. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです