メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「軍都」だった金沢 近代の日本社会の矛盾抱えた慰霊施設の集積

日清・日露戦争や太平洋戦争などの戦没者を追悼するために並んで建つ石碑。左端奥は満州移民の慰霊碑=金沢市の野田山で2019年8月8日、阿部浩之撮影

 近代の金沢は、取りも直さず「軍都」であった。金沢という街は、地政学的に見れば日本海を挟んでロシア・中国・朝鮮半島と向かい合うわけで、明治政府にとっては極東における国際関係の要衝として認識された。日清戦争後、ロシアとの直接対決の情勢を感じ取った軍は、金沢の地に第9師団を置き、戦争に備えることとなった。

 現在は石川県が管理する金沢市の野田山の戦没者墓苑(ぼえん)は、こうした経緯から長年にわたって陸軍が…

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1053文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

  4. 新潟女性殺害で25歳男を指名手配 刃物で突き刺した殺人の疑い 県警

  5. 逃走の男は20代で飲食店の客か 新潟・女性刺殺

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです