メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

15歳のニュース

「核兵器 廃絶を」 原爆投下から74年 広島・長崎が足並みそろえ、禁止条約の批准を政府へ要求

 広島は6日、長崎は9日、それぞれ74回目の原爆(げんばく)の日(ひ)を迎(むか)えた。核兵器の及(およ)ぼす惨状(さんじょう)を目の当たりにし、核(かく)なき世界(せかい)を強く望む被爆者(ひばくしゃ)の思いとは反対に、核兵器廃絶への国際社会の動きは鈍(にぶ)い。今年の平和宣言で広島、長崎の両市は足並みをそろえ、核兵器禁止条約(かくへいききんしじょうやく)への署名・批准(ひじゅん)を日本政府に強く求めた。

この記事は有料記事です。

残り1707文字(全文1912文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

  2. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  3. 座間事件 「後悔はある。もっと遊びたかった」 9人殺害・白石被告一問一答(その1)

  4. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  5. 富山・クマの人身被害、5日連続 ラジオ体操帰りの3人重軽傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです