メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外桃田が2連覇、男子単日本初 バドミントン世界選手権
楽庫・ライブ

由紀さおり 50年にして新たな潮目

 <楽庫(らっこ)>

 1969年は、その前後を生きていた人間には強い印象を残した年であった。ベトナム戦争反戦運動、月面着陸、大学紛争……。時代の潮目のような年であった。日本の芸能界でも歌謡曲の爛熟(らんじゅく)が際立った。由紀さおりの歌う「夜明けのスキャット」がそれを象徴する。ヒットに恵まれなかった由紀は結婚を期に引退する予定の時期であった。この曲もラジオ番組の主題曲だった。だが、皮肉にも由紀のヒット歌手人生はここから始まった。まさに“潮目”である。このコンサートは「感謝」とタイトルされた50周年コンサートである。

 ステージの美術も楽団の編成もシンプルでミニマル。“周年記念”っぽいぜいたくな設(しつら)えはおよそ…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文686文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

  3. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  4. 国民・大野参院議員 埼玉県知事選出馬へ 離党し無所属で

  5. 上田知事「埼玉県は強い」 「翔んで埼玉」出演陣が「ディスりを謝罪」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです