メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日航機墜落

34年 家族が帰る日常、幸せ 遺族の絵本、高校生ら英訳

生徒たちに絵本に込めた思いを語る谷口真知子さん=大阪府箕面市で、石川将来撮影

 1985年8月12日に起きた日航ジャンボ機墜落事故の遺族、谷口真知子さん(71)=大阪府箕面市=が亡き夫への思いを描いた絵本の英訳に、関西学院千里国際高等部(箕面市)の生徒たちが取り組んでいる。谷口さんと交流を重ねてきた生徒らは「家族が家に帰ってきてくれることがどれほどありがたいことかが分かった」と感銘を受け、一語一語心を込めて翻訳を進めている。【石川将来】

この記事は有料記事です。

残り927文字(全文1108文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  4. 処理水放出「誰か言わねば。捨て石でいい」 原田氏、持論再び

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです