メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
チェック

ココの遭難、ヘリ発見 登山者からの電波、16キロ先まで受信 福岡のベンチャー開発 この1年、救助率「100%」

 万が一山で遭難し、ヘリコプターによる救助が必要になった際に、登山者の居場所をピンポイントで伝える機器を福岡のベンチャー企業が開発した。登山者が携帯する小型発信器の電波を、ヘリに搭載した受信機がキャッチして迅速な救助を可能にする。機器を活用した有料の会員制サービス、その名も「ココヘリ」のサービス開始から3年余りで33都道県の防災ヘリに導入され、会員も約2万5000人に達した。【浅野孝仁】

 今年3月、福岡・佐賀県境の脊振山地を1人で登山中の50代の男性から「道に迷った」と119番があった…

この記事は有料記事です。

残り932文字(全文1177文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  3. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  4. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです