メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日航機墜落

34年 家族は大切、世界共通 遺族の絵本、高校生が英訳

 1985年8月12日に起きた日航ジャンボ機墜落事故の遺族、谷口真知子さん(71)=大阪府箕面市=が亡き夫への思いを描いた絵本の英訳に、関西学院千里国際高等部(箕面市)の生徒たちが取り組んでいる。谷口さんと交流を重ねてきた生徒らは「家族が家に帰ってきてくれることがどれほどありがたいことかが分かった」と感銘を受け、一語一語心を込めて翻訳を進めている。【石川将来】

この記事は有料記事です。

残り810文字(全文991文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ジオラマで表現したいのは『機動戦士ガンダム第08MS小隊』の“泥臭さ”、「ザクが最も輝くのは裏方の役回り」

  2. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. 出動現場で高級腕時計盗む 容疑の巡査部長逮捕 栃木県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです