メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中村記者がゆく

子ども座禅体験 足しびれ「早く終われ」 /秋田

子どもたちと座禅に取り組む中村聡也記者(右から2人目)=秋田市の蒼龍寺で、「勝平寺」の高柳龍哉(りゅうさい)副住職撮影

 小中学生の夏休みも半分が終わった。秋田市では30年以上、夏休み中の子ども向けに座禅を体験する「禅のつどい」が曹洞宗の寺院で持ち回りで開かれてきた。狙いは禅の文化に親しんでもらうこと。今年は同市土崎港中央の「蒼龍寺(そうりゅうじ)」で7月末に1泊2日で開かれると聞き、座禅未体験の記者も参加させてもらった。【中村聡也】

 7月25日昼過ぎに蒼龍寺に着くと小中学生が本堂を裸足で走り回っていた。今年は41人が参加するという…

この記事は有料記事です。

残り1400文字(全文1609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

  4. 新潟女性殺害で25歳男を指名手配 刃物で突き刺した殺人の疑い 県警

  5. 逃走の男は20代で飲食店の客か 新潟・女性刺殺

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです