メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海経済

「涼しい厨房」脚光 労働環境改善、人材確保へ /愛知

東邦ガスの業務用厨房ショールーム内の体感コーナーで、「涼厨」機器(左)と従来機器(右)でお湯を沸騰させた際の温度比較=名古屋市港区で

 むわっとした熱気に包まれがちな厨房(ちゅうぼう)が暑くならないよう工夫した業務用ガス調理機器「涼厨(すずちゅう)」シリーズが、東海地方の飲食店や社員食堂などで再び脚光を浴びている。飲食店業界の人手不足が深刻化する中、働き方改革や労働環境の改善をアピールして調理スタッフの確保などにつなげる狙いもあるとみられ、東邦ガスがPRを強化している。【三上剛輝】

 「涼厨」シリーズは釜を二重構造にして表面温度を抑えるほか、炎が出る部分を囲み、排気筒で熱気を天井近…

この記事は有料記事です。

残り855文字(全文1081文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです