メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安全対策

川や池にフェンスを 一宮の市民団体、市に要望 /愛知

対策を市に要望する「子どもの安全と健康を守る会」の永田雅俊会長(左)=愛知県一宮市役所で

夏休みの子供たち守ろう

 子どもを水の事故から守る取り組みを続けてきた一宮市の市民団体「子どもの安全と健康を守る会」は、夏休みに合わせ、危険箇所へのフェンス設置などの安全対策を市に要望した。1970年に水の犠牲となった3歳男児の父親が声を上げ、やがて全国に広がった活動は、これで50回目となった。

 男児は70年4月に市内の川に転落し、58日たって痛ましい姿で発見された。「悲惨な事故を二度と繰り返してほ…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 軽量タイヤホイール 熱可塑性カーボンで従来の半分 赤磐の板金加工会社が開発 数年後の量産化へ /岡山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです