メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日書道展中国展

作品紹介/中 /広島

 広島市中区の広島県立美術館地下1階県民ギャラリーで20~25日に開催される第71回毎日書道展中国展(毎日新聞社、毎日書道会主催)。会場では、6月16日に88歳で亡くなった中国展特別顧問、大楽華雪さんの作品も展示される。

 毎日書道会常任顧問でもあった大楽華雪さんの作品は「盈」と題した前衛書。今年3月下旬に弟子たちと合宿した際に書き上げた5点のうちの1点だ。

 中国展では、全国の著名書家のほか、広島、岡山、島根、鳥取4県の毎日書道展審査会員、会員の作品、入賞・入選作など約870点を展示する。3日の「作品紹介<上>」に引き続いて今回紹介しているのは、中国地方の審査会員以上の作品。【堀雅充】(次回は20日に掲載)

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  3. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです