メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

よさこい祭り

子ども146人で強豪“2世”チーム 「ほにやっこ」初参加 リーダー亀田さん「次代に活動継いで」 /高知

両手に鳴子を持って練習に励む「ほにやっこ」の踊り子たち=高知市で、郡悠介撮影

 今年のよさこい祭りに、新チーム「ほにやっこ」が初参加する。県内屈指の強豪チーム「ほにや」の関係者らが発起人で、踊り子は小学生や中学生などの子ども総勢146人。県内から参加するチームが減少する中で、子どもたちへの継承を目指す。チームリーダーの亀田夏帆さん(21)は「一人でも多くの子どもに『来年もよさこいに参加したい』と思ってほしい」と期待する。【郡悠介】

 「ほにや」は同名の和風アパレル会社(高知市)が母体で、祭りの入賞常連チーム。昨年も2年ぶり9回目の最高賞「よさこい大賞」に輝いた。

この記事は有料記事です。

残り610文字(全文854文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  2. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  3. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

  4. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  5. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです