メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

無言の語り部

北九州の戦争遺跡 小倉・防空監視哨 街中に残る、空睨む目 当時最高層の百貨店屋上に /福岡

 商業ビル、飲食店などが密集する繁華街、小倉北区魚町。その一角にある「ワシントンビル」屋上に、厚さ十数センチのコンクリートで造られた構造物がある。西日本最大の兵器工場だった陸軍小倉造兵廠(しょう)を抱える「軍都」で敵機襲来をいち早く察知するために設けられ、日夜、空を睨(にら)んだ見張り所「防空監視哨(しょう)」だ。終戦と共に役目を終え、存在すら忘れられていたが、戦後も街の移り変わりを見守ってきた。【津島史人】

 市史などによると、同ビルはかつて、呉服店を母体に1920(大正9)年に創業された老舗デパート「かね…

この記事は有料記事です。

残り1087文字(全文1343文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  3. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  4. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  5. 河井案里議員が登院「区切り付いたら説明したい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです