メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最低賃金

改定額901円 全国平均 19県で目安上回る

 今年度の都道府県別の最低賃金改定額が出そろい、厚生労働省が9日公表した。改定額は全国平均で901円(時給)、平均引き上げ幅は前年度より1円増え27円だった。19県で中央最低賃金審議会が7月に提示した目安額を上回る改定額になった。上げ幅は、現行の改定制度になった1978年度以降で最大。前年度と比べ3・09%の伸びで、4年連続で3%以上になった。

 最低賃金は中央最低賃金審議会が地域の経済事情を勘案して都道府県をA~Dの4ランクに分けて示した目安…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. GSOMIA継続 方針転換に輸出管理巡る日韓対話合意

  5. GSOMIA失効回避も 日韓経済の回復遠く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです