メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
焦点

有志連合、ペルシャ湾外派遣検討 政府、根拠法に苦慮

 中東ホルムズ海峡などの航行の安全確保に向けた米国主導の有志連合構想(海洋安全保障イニシアチブ)を巡り、政府はペルシャ湾から離れた海域に自衛隊を派遣する案などを幅広く検討している。同盟国である米国と伝統的な友好国のイランの双方にどこまで配慮できるかを模索しているが、有志連合の中で活動するには法的な制約も多く、いずれの案を選択しても困難な課題に直面することになりそうだ。

 「どのような対応が最も効果的で適切かを総合的に判断していく」。岩屋毅防衛相は8日の記者会見で、前日…

この記事は有料記事です。

残り1926文字(全文2161文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  4. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  5. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです