メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

有志連合、ペルシャ湾外派遣検討 政府、根拠法に苦慮

 中東ホルムズ海峡などの航行の安全確保に向けた米国主導の有志連合構想(海洋安全保障イニシアチブ)を巡り、政府はペルシャ湾から離れた海域に自衛隊を派遣する案などを幅広く検討している。同盟国である米国と伝統的な友好国のイランの双方にどこまで配慮できるかを模索しているが、有志連合の中で活動するには法的な制約も多く、いずれの案を選択しても困難な課題に直面することになりそうだ。

 「どのような対応が最も効果的で適切かを総合的に判断していく」。岩屋毅防衛相は8日の記者会見で、前日…

この記事は有料記事です。

残り1926文字(全文2161文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです