メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

対アフリカ貿易・投資

モーゼス・イキアラ氏

 日本とアフリカ各国の首脳らが貿易・投資などの分野で協力を話し合う「第7回アフリカ開発会議(TICAD)」が28~30日、横浜市で開催される。成長著しい巨大市場として注目されるアフリカだが、日本はこの地域での存在感低下が指摘されている。日本はアフリカにどう向き合うべきか。アフリカは日本に何を期待しているのだろうか。

 前回のTICADは2016年にケニアの首都ナイロビで開かれた。この時に初めてアフリカを訪れた日本経済界のトップも多かったが、自分の目でアフリカの発展を実感してもらう機会になったと思う。多くのメディアでも取り上げられた。アフリカ開催の意味は大きかった。TICADはアフリカと日本が経済交流を強化するためのプラットフォームとなっている。

この記事は有料記事です。

残り2551文字(全文2876文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  4. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  5. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです