メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外桃田が2連覇、男子単日本初 バドミントン世界選手権
リクナビ

内定辞退率販売 個人情報保護、後回し 採用競争、企業の負担増

 就職情報サイト「リクナビ」が就職活動の内定辞退予測データを企業に販売し、多くの学生が気付かないまま採用活動に使われていた。採用競争が激化しデータに対する企業ニーズが高まる一方、個人情報を巡るルール順守は後回しにされた。

 「みんな悩みながら企業選びをしている。自分の動向が筒抜けになっていたと思うと怖い」。慶応大4年の女性(22)はリクナビに登録した際、信用して規約を読まなかったことを悔いていた。

 問題となったサービスは、内定辞退者が出ると採用計画が狂うという企業の悩みを解決するため、辞退しそう…

この記事は有料記事です。

残り935文字(全文1184文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

  3. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  4. 国民・大野参院議員 埼玉県知事選出馬へ 離党し無所属で

  5. 上田知事「埼玉県は強い」 「翔んで埼玉」出演陣が「ディスりを謝罪」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです