メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チーズ

消費量、伸び~る 4年連続最高更新、昨年度35万トン

 チーズの消費量が右肩上がりで増えている。農林水産省によると、2018年度の国内消費量は前年度より4%増の35万2930トンで、4年連続で過去最高を更新した。外食で若者を中心にチーズを使った料理の人気が高まり、家庭でもワインのおつまみなどで楽しむ機会が定着したことが背景となっている。

 昨年末からは環太平洋パートナーシップ協定(TPP)や日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)が相次いで発効しており、チーズの輸入も増えている。本場のチーズが手ごろな価格で流通することで、さらなる消費の底上げにつながりそうだ。

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文696文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです