メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

観光文化都市に成長する大阪=ベトナム簿記普及推進協議会理事長・大武健一郎

 大阪のなんば駅周辺を毎月訪ねる機会があるが、同駅と関西国際空港を結ぶ南海電鉄の特急ラピートの車両はほとんど外国人旅行客で占められていて、日本語は全く聞こえてこない。大阪はどこへ行っても外国人旅行客でにぎわっている。

 20~30年前、大阪は銀行をはじめ大企業の多くが本社を東京に移していった。大阪の経済界は関西電力、大阪ガス、JR西日本のような公的な企業がリードするようになり、従来の「浪速商人の町」といった活気が失われていった。しかし、ここにきて外国人旅行客がどっと押し寄せ、大阪に活気が戻ってきたようだ。

 関西空港の2019年1~6月の旅客数は1615万人(前年同期比8%増)で、特に国際線の旅客数は12…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文732文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

  5. 全国最大規模のアリーナ、大阪府が整備へ 万博前の開業目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです