メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

GDP年1.8%増 4~6月実質 好調消費、曇る先行き

消費税増税前の駆け込み需要などで足元の販売が好調な「ビックカメラ有楽町店」のテレビ売り場=東京都千代田区で7日、和田憲二撮影

 内閣府が9日発表した2019年4~6月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、物価変動を除いた実質で前期比0・4%増、年率換算で1・8%増となり、3四半期連続でプラス成長を記録した。改元に伴う10連休効果などで個人消費が伸び、中国向け輸出の減少など外需の弱さを補った格好だ。ただ、景気の先行きでは米中貿易戦争に加え、10月の消費税増税に伴う消費冷え込みなど懸念材料も多く、景気減速を警戒する声が出ている。

この記事は有料記事です。

残り1954文字(全文2161文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  3. なぜ相次ぐ有名人の薬物事件 背景にプレッシャー?

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです