メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

F35墜落

機体異常なし 操縦士、平衡感覚失う 最終報告

 航空自衛隊三沢基地(青森県三沢市)所属の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが4月に同県沖の太平洋で墜落した事故で、空自は9日、最終の調査報告を公表した。6月の中間報告と同様、機体に異常はなく、操縦士が平衡感覚を失う「空間識失調(くうかんしきしっちょう)」に陥ったのが原因と推定した。また、同様の事故を防ぐために、地表との衝突を自動で回避するシステムの導入も提言した。

 最終報告によると、事故機は訓練中、近くに来た米軍機との接触を避けるため空自管制から降下の指示を受け…

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文678文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  3. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

  4. 小山慶一郎 情報番組復帰 10月からTOKYO MX「バラいろダンディ」(スポニチ)

  5. 水川あさみさんと窪田正孝さんが結婚「にぎやかで面白い家庭を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです