メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 処理水「長期保管」を議論 「22年夏で満杯」説明 有識者小委

処理水の長期保管についても検討を始めた政府の有識者小委員会=東京都港区で9日

 東京電力福島第1原発で汚染水を処理した後にタンクにたまり続ける処理水について、処分方法を検討する政府の有識者小委員会が9日、東京都内で開かれた。処理水には除去が難しい放射性トリチウムなどが含まれており、小委は「海洋放出」を含む従来の五つの処分案に加え、タンクでの「長期保管」についても議論を始めた。【岩間理紀】

 約7カ月半ぶりの会合。委員からは、長期保管で廃炉作業が遅れる影響を考えるべきだという意見が出された…

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文630文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです