メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衣・FASHION

キッズサングラス 格好良く紫外線対策

「レイバン」のサングラスで、親子リンクコーディネートを楽しむ父娘

 夏本番。日差しは強いがアウトドアを楽しみたい季節でもある。紫外線の影響から子どもの目を守るキッズサングラスや虫よけ加工をしたパーカの販売がここ数年で増え、注目を集めている。

 子どもの紫外線対策として、帽子や日焼け止めは一般的になっているが、目への対策は忘れがち。紫外線を浴びると目もダメージを受け、白目が充血する紫外線角膜炎や白内障の原因となるため、子どもの時から対策が必要だ。日本白内障学会もウェブサイトで帽子との併用を呼びかけている。環境省によると、目への紫外線量は帽子の着用で20%減少し、紫外線カット機能のあるサングラスを着用すると9割減少するという。

 高島屋日本橋店(東京都中央区)では、今夏から大人に人気のサングラスブランド「オークリー」と「レイバ…

この記事は有料記事です。

残り1299文字(全文1630文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです