メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友学園

国有地売却問題 文書改ざん 捜査終結 佐川氏、再び不起訴 大阪地検

 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却を巡る問題で、不当に土地を値引きしたとする背任容疑や、学園との取引に関する決裁文書を改ざんした有印公文書変造などの容疑で告発されて不起訴になった佐川宣寿(のぶひさ)元国税庁長官(61)や財務省職員ら計10人について、大阪地検特捜部は9日、改めて不起訴処分(容疑不十分)にした。誰も刑事責任を問われることなく一連の捜査は終結した。

 特捜部は昨年5月に佐川氏や職員ら計38人をいったん不起訴(容疑不十分または容疑なし)とした。これに…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)

  3. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  4. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  5. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです